メール査定はこちらから!

バリー

バリーの魅力

スイスの有名ブランド、バリーは1851年カール・フランス・バリーがスイスのシェーネンベルドで創業を始めた伝統的なブランドです。

バリーは種類は少ないですが丈夫な革財布を手掛けており、1900年代のレジャー化とともに成功していったブランドです。
初めは女性用のパンプス、それからスポーツウェアとの組み合わせで人気になりました。

その後もドレスシューズ、メンズシューズなど、たくさんの革製品とともに人気を博してきて、さらにバッグ、アクセサリーなど魅力的な製品を世に送り出し、世界的に有名なブランドとなりました。

そんなブランドの職人技が光る伝統的な革財布の製造方法やデザインにはこだわり抜いたものがあります。
上質な革はもちろん、有名なブランドアイコンを表現したキャンバステープによる存在感のあるデザイン、フォルムも様々。

ラウンドファスナーで出し入れ便利でつかいやすい長財布や、バッグの中でもかさばらずにポケットにも収納しやすいコンパクトな二つ折りのタイプ。
シックでシンプルな色合いが主流でしたが、鮮やかなカラーも豊富です。

創業からブランドのイメージを壊すことなくきた、バリー。
あくまで伝統を守りつつも流行を取り入れて進化してきたブランドだからこそ、成し遂げられた成功です。

 

バリーの相場買取

1999年には、スコット・フェローズがクリエイティブディレクターに就任し、2002年には伊藤忠と株式会社バリー・ジャパンを設立しています。
ブランドの新デザイナー起用が続く中、2010年にミカエル・ヘルツとグラエム・フィドラー、2014年にはバブロ・コッポラがディレクターを務めています。

シューズやアクセサリー、レディ・トゥ・ウエアの老舗ブランドとして有名なバリーは、黒を基調としたエレガンスでクオリティの高い革アイテムが多くあります。
近年は、黒だけでなくグリーンや赤色、蛇柄なども発表されています。

バリーのショルダーバッグは、シンプルなブラックに赤と白のラインの入った肩紐で大人カッコいいデザインのため、通常使いにもビジネスシーンでも活躍するアイテムになっています。
そのシンプルさがとても魅力的で、アメリカの大女優が愛用していたり、ビジネスマンやウーマンの憧れのブランドとなっています。

またデザインだけでなく、バッグ、財布、ベルト、ブーツ、シューズなどすべての製品において、しっかりした製品作りが徹底されていて、それがバリーの魅力を支えています。
多くのお店で取り扱われている人気ブランドのため、中古市場では常に高値で取り引きされています。