メール査定はこちらから!

ロエベ

ロエベの魅力

ロエベ(LOEWE)は、1846年にスペインのマドリードの中心部に皮革職人たちが設立した工房から始まった高級皮革品店です。
ドイツから訪れたエンリケ・ロエベ・ロスバーグが工房の卓越した技術と素材の素晴らしさに魅了され、1872年に自身の名前を冠したロエベを設立しました。
今では1905年にスペイン王室御用達の称号を授かったブランドとして、世界中に名を馳せるブランドとなっています。

工房で作られる皮革製品は品質が良くスペインの人達を魅了し、不動の位置を築き上げていきます。
1970年に、スペインの画家ヴィンセント・ヴィラがデザインを手がけた、ブランドを象徴する顔となるアナグラムが発売されます。
4つの「L」のデザインを組み合わせたアナグラムは、ロエベの最高級レザーにクオリティマークとして刻印されています。

1975年にはアイコンバッグとして世界中で愛されているアマソナが誕生します。
素晴らしい職人技術により生み出された、タイムレスで洗練されたフォルムのアマソナは、誕生以来不動の人気を誇るバッグとなっています。
他にもヘリテージやパセオなどの人気ラインが多数あります。
バッグの他に、財布やキーケースなどの革製品も年代問わず、人気があります。

 

ロエベの買取相場

1970年代にデザインされた現在のロエベブランドの象徴となる「アナグラム」やアイコンバッグでもある「アマソナ」は中古市場にもよく見られる商品で、高価格買取の対象となっています。

ロエベと言えば、高級革で有名ですが、それだけではなく上品さを兼ね備えたデザインがあってこそ、スペイン王室ご用達のブランドであるのです。
ハンドバッグや財布、キーケースなど様々な革製品が揃っており、「ブランドはロエベしか持たない」という方も大勢いらっしゃいます。

ブランド独自の方法でなめす革は品質チェックの上、実際に製品として使用されるのはたったの3%と徹底したこだわりを持っており、軽量でやわらかく、耐久性にも富んだ仕上がりになっています。
この辺りの強いこだわりが、多くの女性を魅了するんでしょうね。

買取相場として、本体の傷の有無や使用感によるコンディションもありますが、ハンドバッグや時計なども常に高値で取り引きされています。
特に人気なのが、ロエベのシンプルで美しいフォルムデザインが生かされた、ハンドバッグや財布で、高価買取が期待できます。