メール査定はこちらから!

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンの誕生物語

ルイ・ヴィトンが誕生したのは、今から160年も前です。
日本の歴史でいうと、黒船が来航して鎖国が解かれた時代までさかのぼります。
ルイ・ヴィトン モノグラム 高価買取 エコステ
創業者のルイ・ヴィトンは1821年、12人兄弟の真ん中の子として生まれました。
父の影響で職人の道を志しますが、育ての母親との折り合いが悪くて、14歳の時に勢い余って家出することになります。

ルイ少年が向かったのは華の都パリで、幸運にもトランクを製造する一流の職人に弟子入りすることができました。
ここでキャリアを積んだルイ少年は、メキメキと才能を発揮しはじめます。

フランス皇帝の注文を受けるほどの腕前を持つほどになり、33歳の時に独立しました。
高級ブティックが立ち並ぶ通りに構えた、小さなトランク専門店こそ、後に世界一のブランドと呼ばれるようになる「ルイ・ヴィトン」です。

その頃ルイが一生懸命作っていたのは、馬車旅行に使うトランクでした。
誰にも真似できないほどの超一流の技術を持ち合わせてはいたんですが、デザインは他と代わり映えしないごく一般的なものでした。

ルイは時代の流れを読んで、「今後は船や機関車で旅行する時代が来る」と確信します。
そしてそんな時代にマッチするように積み上げられる四角いトランクを考案しました。
素材にもとことん拘り、コットンに防水加工を施した「グリ・トリアノン・コットン」っていう新たな生地も開発しました。

そのトランクが、当時のセレブたちに「軽くて丈夫で、使いやすい」と評判になり、ルイ・ヴィトンが大飛躍する土台を築き上げました。

そして2代目のジョルジュ・ヴォトンが、ルイ・ヴィトンの人気を不動のものにします。
創業者のイニシャルである「L」と「V」に、花と星のモチーフを配置したモノグラム(ルイ・ヴィトン定番の柄)を発表したんです。
ルイ・ヴィトン モノグラム 高価買取 エコステ
創業当時からの「軽くて丈夫で、使いやすい」という基本のコンセプトは貫きつつも、それに完全防水機能やセキュリティー機能、そこに「最新のデザイン」を加えて、さらに進化させていきます。

このルイ・ヴィトンのトランクには、ビックリするような逸話がたくさん残されてます。
例えば、タイタニック号が沈没したのもこの時代なんですが、海に投げ出された時にルイ・ヴィトンのトランクにつかまって命が助かった人も実在します。

さらに沈没してから数十年後、船室から遺品が引き上げられた時に、トランクの中身は水に濡れず当時のまま残っていたっていう信じられないような話もあるんです!

いかにルイ・ヴィトンのトランクの機能性が高かったが伝わってくる逸話ですよね。
ヴィトン トランク バッグ 高価買取 エコステ

世界中のセレブたちに愛されたルイ・ヴィトンは、1914年にパリの中心部のシャンゼリゼ通りにお店を移転しました。

当時の昭和天皇もそのお店に出かけて、最新のトランクを熱心に見ておられて、後日わざわざ付き人に買いに行かせたとのことです。
その頃はまだ「皇族御用達」っていうイメージが強く、日本では一部のセレブしか知らないブランドだったんですね。

その後、ファッション誌などで紹介されたり、海外旅行がブームになったりして、多くの日本人がルイ・ヴィトンというブランドを知ることになります。
パリのお店に行ったら、日本の1/3以下の値段で買えるということもあって、観光客や輸入業者が毎日のように長蛇の列を作ったといいます。

その熱狂ぶりがきっかけとなって、1978年にルイ・ヴィトンの日本支店が設立されることが決まりました。
フランスの店舗で買うのと同じような低価格で、超一流の製品とサービスを提供するっていう戦略が大当たりし、今ではルイ・ヴィトン全体の売上の半分以上が日本人が占めるまでに日本の市場は伸びました。

そして人々の旅のスタイルが多様化するにつれて、ラインナップも拡がっていきます。
大型のトランクに折り畳んで入れておいて、必要な時だけ使えるキーポル
自動車の助手席に置けるようにと作られたアルマ
シャンパンを運ぶために作られたノエなどなど・・・。

ルイ・ヴィトンは、旅する人たちのオーダーメイドを大切にしながら、ラインナップ展開してきました。
ルイ・ヴィトン トレヴィPM 高価買取 エコステ
これまでに数多くのファッションアイテムが登場しましたが、現在でも創業者の「軽くて丈夫で、使いやすい」というコンセプトが脈々と受け継がれています。

生地の頑丈さと、しっかりした縫製により、見た目だけでなく、実用性や丈夫さを重視したブランドなんですね。

今後もさらにラインナップを展開して、私たちを魅了し続けてくれることでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの買取相場

これだけ普及しているルイ・ヴィトンの製品だからこそ、買取市場においても常に高価買取価格で取引されています。
例えば10年前の廃盤モデルなどでも、驚くほど高値が付くこともあります。
これもルイ・ヴィトンの製品が「丈夫で長持ちする」ことを証明してますよね。

ただ昔のモデルに多いんですが、使わずに放置しておくとバッグの中の皮がベタつくことがあります。
ルイ・ヴィトン ベタ 高価買取 エコステ
最近のモデルは改善されてますが、昔のモデルに関しては湿度が高い日本の風土に合わせた商品づくりをしていなかったことが大きな要因です。
上記の写真のようなベタつきが出てしまうと、買取は不可となってしまいますので、ご注意ください。

またヌメ皮と呼ばれる部分(取っ手などに使われている皮)も日に焼けて茶色に変色していきます。
なので使わないものは、早めに売られた方が買取価格も高くなると思います。

特にバッグや財布などの製品は、メンズ、レディースを問わず大きな需要があるので、ドドォーーーーーーンと高価買取を期待できますよ♪