メール査定はこちらから!

カルティエ

カルティエの魅力

カルティエは「Jeweller of kings , king of jewellers」、日本語では「王の宝石商」と言われるジュエリーの名門ブランドです。

そんなカルティエの数ある商品の中で最も有名なのが、3つの色の違うゴールドのリングが絡み合ったデザインのトリニティリングです。
トリニティとは英語で「trinity」と綴られ、神・キリスト・聖霊を一体と見る三位一体の意味があります。
トリニティリングは言葉の意味の通り、愛を表したピンクゴールド、友情を表したイエローゴールド、忠誠を表したホワイトゴールドの3つのゴールドリングが絡み合ったデザインをしています。

トリニティリングは1924年にルイ・カルティエの手によって生み出されました。
フランスの芸術家、ジャン・コクトーが愛用していたことでも知られています。
シンプルながら洗練されたデザインは時代を問わず幅広い年齢層から親しまれ、長きに渡り愛用されています。
美しいフォルムはファッションとしての人気も高いですが、3つのリングの表す意味から結婚指輪として選ばれることもあります。

現在は通常のリングの他、ブレスレット、ネックレス、イヤリング等にも展開されています。

 

カルティエの買取相場

カルティエの代表的なジュエリーとして名高い、愛を象徴するシンボルとして打ち出しているラブリング。
ラブブレスレット(1969年に発表)ともとに、1983年にラブコレクションとして新しくデビューしたものです。

「愛の絆」「束縛」という2面性のあるメッセージが込められており、まるで手錠のようにお互いの腕を拘束しあうという刺激的な提案で、ブレスレットが発表された時にはとても話題になりました。

カルティエというと、それまでは高級志向のカップルだけが身に付けるブランドでしたが、多くのカップルリングとして定番化しました。

他のブランド品に比べて、カルティエはブランドロゴマークを主張しないラインが多く、見る人がわかればわかるという粋なデザインに特に人気があります。
ブランド品を全面に押し出さずに、さりげなく高級感を出すことができるので、日本でも多くの芸能人が結婚指輪や婚約指輪のために愛用しています。

カルティエは王室御用達の老舗ジュエリーブランドのため、日本国内でも圧倒的な人気があります。
そのため中古市場でも、年代物から新作まで常に高額で取引されています。