メール査定はこちらから!

デビアス

デビアスの歴史

デビアスは、元をたどると1888年に創業されたアフリカのダイヤモンド採掘会社です。
その後、20世紀になってから次々とダイアモンドジュエリーのヒット商品を売り出すようになりました。
デビアスのコンセプトは、「現代のダイヤモンドの芸術性のその先を模索すること」であり、ダイヤモンドに秘められた自然の美しさを極限まで引き出すことに重きを置いています。

現在、デビアスが販売しているアクセサリーはリング、ネックレス、イヤリングなど多岐にわたり、また男性向けのジュエリーなども多数扱っています。
その独特な美しさを放つ芸術性は、2005年から導入されたホールマークセッティングという手法によるものです。
ホールマークセッティングは打ち出し技術を用いて金属に質感を与えるというものであり、これによって、古来は王族のみが持つことを許されたダイヤモンドを現代的なデザインへと洗練したのです。

発表されているコレクションは12種類。
その一つ一つにデビアスの持つ繊細さが散りばめられていて、見るものを惹きつける魅力を持っています。

こうしてデビアスは、現在もジュエリーブランドとしての進化を続けているのです。
今後も次々と画期的な新商品が発売されることが期待されます。

 

デビアスの買取相場

デビアスの宝石は1883年にセシルジョンローズが設立したジュエリー専門ブランドです。
世界のダイヤモンド市場の約70%を独占している巨大ブランドとしても有名です。

婚約指輪や結婚指輪の象徴として長年世界中から現在も多くの人に愛され続けています。
国内でも「ダイヤモンドは永遠の輝き」という有名なコマーシャルでその卓越した広告展開の魅力によって、人々の心を掴んでいます。

ダイヤが惜しまずにちりばめられているゴージャスな印象の商品が多く、女性にとって心踊るデザインが大変人気を博しています。
日本国内でのジュエリー中古市場ではデビアスの買取価格は大変評価が高く、数ある宝石ブランドの中でも、特に突出して安定しています。

デビアスの王道ジュエリーとして人気のある「パヴェリング」や「エタニティ」は中古市場でも入荷するとすぐに品切れとなってしまう程の貴重な商品となっています。
ですので、中古市場での買取評価額は衰えることのないまま安定しています。

2連で構成されているデザインの「プロミス」もデザイン性の高さから非常に人気があり、これらのデビアス製品は高価買取金額対象商品として中古市場において重要とされ、希少な価値のあるジュエリーとして位置づけされています。