メール査定はこちらから!

白州

白州の魅力

白州はサントリーが製造、販売するシングルモルトウィスキーです。
モルトウィスキーは大麦麦芽のみを原料にして作られたウイスキーのことを指しますが、その中でも、複数の蒸溜所で製造されたものを混ぜるのではなく、単一の蒸溜所でのみ製造されたウイスキーを瓶詰めしたものはシングルモルトウィスキーと呼ばれ、その品質は製造された蒸溜所の持つ味わいや周辺の気候に大きく依存しています。

白州の製造は、白州蒸溜所という専門の蒸溜所で行われており、その周囲には豊かな森と数多くの清流をたたえています。
その環境から、白州が持つ特徴的な爽やかさとすっきりとした軽やかな味わいが生み出されるのです。
製造においてはいくつか段階がありますが、いずれの段階においてもサントリーが持つ伝統的な技法が用いられています。
例えば、ウイスキーの味を決定する重要な段階である発酵においては、数百種類存在する酵母株から最適なものを選び出しています。
これにより、特有のフルーティーかつクセのない味わいを実現することができるのです。

ウイスキーは蒸溜所によって味が大きく変わるので、さまざまなウイスキーと飲み比べるのも楽しみの一つですが、ひとつのウイスキーを自分なりにアレンジして飲んでみるのもおすすめです。

 

白州の買取市場

日本国内だけではなく、世界中にその味の虜になったファンも多く、ヨーロッパでの評価が非常に高く多くの賞を受賞しています。
日本のウィスキーを代表する素晴らしいブランドにまで成長し、若年層や女性のファンも多く、なめらかな口当たりで甘みのある人気のブレンデッドは定番商品として根強い人気です。
白州をきっかけにウィスキーのファンになった方も多いといわれています。

日本国内での白州の中古買取り市場では、大変貴重とされていますので、ラベルの状態やボトルの状態が新品に近ければ近い程、定価により近い価格で買取を行っている専門店が多いです。

定番の12年や18年は、中古で入荷すると定価より割安で入手できることから、中古市場での人気ぶりはジャパニーズウィスキーの中でも群を抜いて高い金額で取引されています。
更に希少価値の高い25年の43度は中古市場でも入手しにくい貴重なものとなっていますので、どの専門店でも喉から手が出るほど欲しい商品ですので、中古でもほぼ定価に近い価格で、高値で取引している店舗もあります。