メール査定はこちらから!

レミーマルタン

レミーマルタンの歴史

1695年、フランスの小さなワイン商に産まれたのがレミーです。
レミーは小さい頃から父のワインづくりを手伝ってたといいます。

そして彼が30歳を迎える1724年に、万を期してレミーマルタン社を創業しました。
半身半馬で大地を力強く踏みしめているレミーマルタンのトレードマークには、見覚えのある人も多いかもしれません。
これはギリシャ神話に登場する酒の神バッカスの侍者「ケンタウルス」から発案されました。

レミーは所有地を拡大しようという野心と、盛んな起業家気質を持っていました。
そして「父から受け継いだ広大な土地」と、「商いに対する熱い情熱」、「卓越したワインづくりの技術」という3つの財産を持っていました。

しかしレミーマルタンのブランドを確固たるものにしたのは、『ルイ13世』という最高級のコニャックでしょう。
ルイ13世は、4代目のエミール・レミー・マルタンによって世に送り出されました。
レミーマルタン 最高級 コニャック ルイ13世 エコ買取ステーション
高度な品質管理体制や経営方針を整えた手腕もさることながら、彼の偉業は何と言っても『ルイ13世』をレミーマルタン史上最も美しいバカラ製のボトルに詰めて世に送り出したことです。
このバカラボトルは、フランス王家の紋章で飾られていて、ルイ13世王朝期のイタリアルネッサンスの影響を色濃く受けたもので、現在でも見る人の目を奪う華麗さを持っています。

今ではブランデーの大手メーカーの中ではオージェ、マーテルに次いで老舗になるまでに成長しました。

 

レミーマルタンの魅力

レミー・マルタン(Remy Martin) は、レミー・マルタン社によって製造されている最上級のコニャックのことです。
ぶどうの収穫には、最上級のグランド・シャンパーニュと、これに次ぐプティット・シャンパーニュの畑だけを使用していて、フランスのコニャック地方を代表するブランデーとして広く知られています。

いつの時代でも確かな品質によって支えられているため、専門誌などにおいても高く評価されているブランドとして人々から愛され続けています。
1738年にフランスでブドウの大不作が起きた時も、ルイ15世から唯一ブドウの畑を広げることを許されたという逸話があるほどです。

特徴としてはその酒質の高さが挙げられます。
製造にあたってはオークという樹木で作られた樽で2年以上の時間をかけて熟成されるのですが、レミーマルタンは中でも最も熟成の進んだ、V.S.O.Pという等級に属するブランデーも取り扱っています。
また、X.Oとしても知られるV.S.O.Pと同等級なブランデーも製造しています。

この高い品質基準に関しては、ブドウ栽培業者であったアンドレ・ルノー社長になったのも大きな要因の1つと言えるでしょう。
彼は、グランド・シャンパーニュのブドウ農園の娘を妻に迎え、その家から原料供給を受けるようになってから、フィーヌ・シャンパーニュ規格のVSOP量産体制を設立し、確固たる名声を手に入れました。
一般的なブランデーの蒸溜は、底に沈んでたまったカスをろ過した後に行うのですが、レミー・マルタンは創業当時からの伝統を大切にしていて、カスをろ過せずに蒸留させます。
これはレミー・マルタンならではの蒸溜法で、リーズ蒸溜法と呼ばれます。
効率だけを考えればカスを取り除いた方が良いのですが、ゆっくり時間をかけてカスを沈殿させたまま、じっくり蒸溜を2回行っています。
これがレミーマルタン独特の豊かなコクのある味わいに仕上がっている秘訣なんですね。

まだ原材料に対しても強いこだわりを持っていて、コニャック地方の中でも品質の高いブドウを栽培している、厳選された2地区のブドウのみを仕入れています。
レミーマルタン 最高級 コニャック ルイ13世 エコ買取ステーション
その厳選された高品質なブドウのおかげで、レミーマルタンに特有の輪郭のはっきりとした芳醇な芳香が得られるのです。
ブランデーには珍しく、バニラのようなほんのり甘い香りがすると表現する人もおり、こういった評判からもその深い味わいをうかがい知ることができます。

 

レミーマルタンの種類

VO
VSO
VSOP
スペリュール(SUPERIEUER)
スペシャルリザーブ
クラブ・ド・レミー
レミーマルタン 1738
ナポレオン
ナポレオンカラフェ
クラブスペシャル
セントナポレオン
XO エクセレンス
XO スペシャル
XO
アージュアンコニュ(AGE INCONNU)
エクストラ
セントエクストラ
セントリモージュ
セントリモージュ ゴールド
セントXVSOP
セントクリスタル
クリスタル
レゼルヴ カラフェ
TREK
1724-1974 250周年記念ボトル
ルイ13世・現行ボトル(第1世代)
ルイ13世・現行ボトル(第2世代)
ルイ13世・現行ボトル(第3世代)
ルイ13世・ベリーオールド
ルイ13世・レア・カスク42.6

 

レミーマルタンの買取相場

レミーマルタンのブランデーは口に含むとバニラの甘い香りがし、濃厚な味があります。
また、ストレートで飲んでもキツさがないので、口の中で芳香な味と香りを感じることができます。

ボトルの形は私たちが普段目にするような一般的なものですが、ラベルに工夫がされています。
レミーマルタンのケンタウロスの紋章はもちろんですが、ベアボートというボトルには、カリフォルニア州を象徴するクマがラベルにあしらわれています。
ボトルごとにクマたちの会話にバリエーションが豊富に用意されており、ユーモアあるものとなっています。

このように、レミーマルタンのブランデーでは、ボトルで視覚的に、こだわりの原料でコクのある味わいを味覚的に楽しめることから買取市場でも非常に人気がある商品となっています。