メール査定はこちらから!

DRC リシュブール

DRCリシュブールの魅力

DRCとは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の略称であり言わずと知れたブルゴーニュのトップ・ドメーヌです。
ワイン通でなくてもロマネ・コンティというワインの名前は聞いた事があるのではないでしょうか?

そのロマネ・コンティの畑を中心に周囲に広がる6つの畑の中の一つにDRCリシュブールのグラン・クリュがあります。
神に祝福された土地といわれる至高のテロワールで生産されるロマネ・コンティの畑のすぐ北に隣接した3.51ヘクタールの畑でDRCリシュブールは、年間およそ1000ケースが製造されます。
フルーティで百の花の香りを集めてきたようと形容されるほど華やかなな香りと、豊潤な果実味が最もブルゴーニュらしいと高評価される事が多いワインです。

生産量が少ない事から入手困難なヴィンテージも多く、中でも2010年は生産量が少なく、品質が良いため困難さを極めると言われています。
手軽に毎日飲めるような価格設定ではありませんが、一度味わったらずっとその時の感動と香りが脳裏にインプットされるような鮮明な強烈なインパクトを、自分へのご褒美として味わってみるのもいいのではないでしょうか。

 

DRCリシュブールの買取相場

DRCリシュブールは高い評価を得ており30万円から80万円前後で販売されている高価なワインが多いです。
リシュブールのドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティは果実の味が魅惑的で、官能的な艶やかな風味があります。
年代ごとでその風味と舌触りや、喉に通る感覚は全く異なりますが「百の花の香りを集めてきたような」ワインとしてソムリエやワイン通の間で親しまれています。

これらのDRCリシュブールワインは中古市場でも大変希少価値の高いものとして流通しています。
中古で入荷することは非常に稀ですので、入荷後は即完売してしまうほどの人気ぶりです。
ボトルやラベルのデザインが良好であればあるほど、定価により近い価格で取引している専門店もあります。
その相場は7割から8割前後で取引され、ワインによっては、定価と変わらない金額で取引されることもあります。
DRCリシュブールのワインは、今後も中古市場にて積極的に強化買取され中古市場での活性化も拡大していきます。