メール査定はこちらから!

IWC

IWCの魅力

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、世界中で愛される時計のブランドの一つであり、日本においても、その人気は広まりを見せています。
その歴史は古く、1868年にアメリカ出身の時計職人の手によって、スイスで設立されました。
もともとは、アメリカの市場向けにポケットウォッチとしてつくられたとされています。
今では、インターナショナルと略して呼ばれています。

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)の時計の魅力は、そのファッション性やデザイン性の良さもさることながら、ムーブメントの完成度の高さがあります。
また、クロノメーターと呼ばれる天文台が信頼性の高い時計メーカーなどに与える規格があるのですが、インターナショナル・ウォッチ・カンパニーでは、自社において、それ以上の厳しい規格を設定しています。

また、現在の繁栄だけに甘んじていることなく、次の世代に向けた取り組みをしていることも好感を呼んでいます。
その具体的な取り組みとして、時計学校を設立しており、民間の時計学校としては、唯一スイス政府からの公認をされているほどであります。
一時、経営危機に見舞われ、破綻しましたが、その後のスポーツウォッチの登場などによって息をふきかえしてきました。

 

IWCの買取相場

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)の定番商品であるアクアタイマーオートマティックは300気圧までの耐水性を持ち、水中での操作機能を十分に兼ね備えている高性能の腕時計です。

高級感漂う革ベルトを基調としたポルトギーゼクロノグラフやポートフィノクロノグラフは、ビジネスマンに大変人気がありエレガントでシンプルなデザインに、30分計と12時間計をあしらっており、特徴的で個性を引き立てることが出来る優れた腕時計です。

これらのIWCから発売されている商品は日本国内の中古市場価格が非常に安定しています。
ブランドネームの高さにより商品価値が非常に高く、なかなか中古の入荷が困難となっている為、時期や流行モデルを問わず、定価の6割から7割前後での高価で取り引きされることも多いです。
インターナショナル・ウォッチ・カンパニーの腕時計は、今後も中古市場の買取金額が衰えることなく、特に定番商品や新作は状態が良好であれば驚くほどのお値段がつくこともあります。