メール査定はこちらから!

タグ・ホイヤー

タグ・ホイヤーの魅力

タグ・ホイヤーはスイスに存在する時計メーカーとして知られています。
1860年にスイス人のエドワードホイヤーが工房を設立してから、クロノグラフの開発に貢献し、老舗高級ブランドとしての地位を確立しています。

懐中時計や腕時計といった小型の時計において、ストップウォッチの機能を備えた時計機構をクロノグラフといいます。
タグ・ホイヤーは振動ピニオンという機械式のクロノグラフを創業から27年後の1887年に開発しており、この機構は今や他社メーカーにも広く使われるスタンダードな方式となっています。
その歴史の長さから、名機とされるモデルも存在しており、昔の名作洋画にも登場することがあります。

現在では、メンズ・コレクション、レディス・コレクションの他にペアウォッチの取り扱いもあるので、プレゼントにも最適です。
最近では、著名なスポーツ選手とのコラボモデルを発表するなど話題性の高いメーカーです。

タグ・ホイヤーが現在掲げているモットーとしては、その長い歴史から育まれた絶対的な信頼性を維持すること、性能の高い製品であること、そして常に技術革新を続けることが挙げられます。
最近では、こういった常に革新を続けるという姿勢の現れか、スマートウォッチ事業に進出するのではないかという噂も流れています。

 

タグ・ホイヤーの買取相場

現在国内でもタグ・ホイヤーの時計買取市場は、代表的なモデルのアクアレーサーやカレラ、フォーミュラが定番の高価買取対象アイテムとして定着しています。
モナコは、栄光のル・マンという映画でスティーブマックイーンが着用したことで有名です。

また、F1のマクラーレンのスポンサーとして、F1ドライバーのネーミングを付けたモデルを定期的に製品化しており、数量限定商品となっていますので、商品価値が非常に高いです。
すでに廃盤となっているセルは、アイルトンセナが愛用しており、大変貴重な商品です。

男性向けのモデルが比較的多く、広告塔には世界で人気のあるスポーツ選手のクリスティアーノロナウドやマリアシャラポワ、日本からはプロテニスプレイヤーの錦織圭がアンバサダーとなっており、トップスターを起用していることでも大変有名です。
スポーツウォッチタイプのモデルは多くのスポーツ選手が愛用しており、何十年経っても人気の衰えることが無いタグ・ホイヤーは、国内で高価買取対象として定番となっています。