メール査定はこちらから!

ヴァシュロン・コンスタンタン

ヴァシュロン・コンスタンタンの魅力

ヴァシュロン・コンスタンタンはスイスで生まれた高級時計の老舗ブランドです。
日本においても、多くのヴァシュロン・コンスタンタンのファンがおり、身につける人も多いとされています。

1755年の設立以来、シンプルさの中に洗練されたシックなデザインとバランスの取れたフォルムが定番デザインから、人気を博してきましたが、昨今においては、スケルトンのものが注目されており、男性物女性物を問わず、多く出回っています。
どこか個性や品格を感じられる雰囲気を持ち合わせた商品も発売されており、時代の流行に惑わされない魅力があります。

スケルトンウォッチの製作には、内部のメカニズムが、透けて見えることが特徴であり、そのデザイン性やファッション性が大きく問われます。
加えて、ムーブメントの機能性も徹底して追求されます。

ヴァシュロン・コンスタンタンの時計づくりは、最後はベテラン職人の手作業が施されることになります。
時計製造の工程が終わると、時計内部の部品の最後の仕上げを担当するのは、職人であり、魅力的なカッティングや光沢をきれいに見せる面取りなどの工程が手作業で行われます。
スケルトンウォッチならではのこだわりといえます。
その後、ハンドエングレービングが行われ、気の遠くなるような作業を、プロの彫刻家が彫刻刀を使って、まさに手作業で最後までの工程を行います。
こうして、こだわりにあふれた時計が出来上がります。

 

ヴァシュロン・コンスタンタンの買取相場

ヴァシュロン・コンスタンタンの日本国内での買取市場価格は、高価対象として多くの専門店で取り扱っています。

代表として挙げられるパトリモニーやトラディショナルは究極のシンプルスタイルでもあり、これこそ流行にとらわれない王道の商品といえます。

個性的なスタイルで女性にも人気の高い1972は、その名の通り1972年に制作されており、プレステージとハイジュエリーとスモールモデルの3種類で展開されています。

両サイドが優しいカーブで表現されているマルタや、文字盤の中に組み込まれている特徴的なデザインの腕時計は、買取市場でも高価買取対象商品として優遇されています。

ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計は、その希少価値の高さ故、なかなか中古市場に出回ることが少ないため、時期や流行を問わず常に高価買取対象の商品として定着しています。